トップメッセージTOP MESSAGE

会社設立の思い

近年、日本でも女性の社会進出が一般的となって参りました。
ですが、私が幼少期の頃は、まだまだ女性は専業主婦として家庭を守るというイメージが強くありました。
私は母子家庭で、母は私と2歳下の弟を女手一つで育て上げ、兄弟二人とも大学まで進学させてもらいました。
私は当時とても苦労して働く母の背中を見て育ち、女性が子供を育てながら働く・稼ぐということは容易なことではないと子供ながらに感じ育ちました。

今となっては『ワーキングマザー』という言葉も浸透し、子育てをしながら働く女性を会社側が理解し、様々な福利厚生等の制度を導入している企業も数多くあります。
時間や環境に制限されず、自分の実力を発揮し、結果に伴った評価をしっかりと受けることが出来る組織を作りたいと。
誰かのために、何かのために本気で頑張っている人が幸せになることが出来る環境を創ることを目標に、創業致しました。

代表取締役 星野 綾

働く上で大切にしていること

私は「仕事」とは、時間に比例して結果が出るものだとは思っておりません。
本人の要領やテクニックによって、質を上げ、短期的に結果を出すことが出来ると思っております。
なので、弊社では定時出社・定時退勤という概念は設けず、自分で自己スケジュールを管理し、どのようにしたら結果が出るか自発的に考え行動する事を大切にしています。
また、「働く」ことは何かを得るための手段であって、弊社メンバーには目標をもって「働く」ことを意識してもらっています。

ただ忙しく働くだけの毎日ではなく、自己投資や趣味など、働くことで人生をもっと豊かにすることが大切だと考えています。
IT化が進み、AI等ロボットが仕事を効率的に的確にこなす世の中に変化しつつありますが、
私はどこまでいっても人と人が対面で話すことによって汲み取れる相手の想いや考えを大切にしていきたいと思っております。
商品ありきの提案ではなく、営業マンありきの商談であれるよう、お客様のために各々が自己成長できる組織にしていきたいです。

応募者へメッセージ

実は私は勉強が大の苦手で、高校時代も大学時代もテストの成績が良くありませんでした。
なので、就活時代は周りの高学歴の同期に対して劣等感を感じる時期がありました。
いざ社会人になり、私はもともと人と話すことが大好きだったので営業職として活動していく日々の中で、学歴はその人の価値を定めるものではなく、看板に過ぎないと思うようになりました。
営業職に限ってではなく、バックオフィスのお仕事であってもマネージメント職であっても、その人の人柄や考え方、経験値、周りの人に対して何を提供できるかが大切です。
そしてその人の価値は自分ではなく周りの人が評価してくれます。
自分で思っていた自分の弱みは、社会に出てみるとそれほど気にすることではないことも多々あります。

まずは自分を信じて勇気を出してやってみる気持ち、失敗しても構いません。
失敗したときは素直にアドバイスを受け入れ改善していく。
辛い時を乗り越えることで次のステージが見えてきます。
15歳であっても、35歳であっても、55歳であっても、人間は何歳になっても「完成」はしないので、常に貪欲に最高の自分を創っていける環境に身を置くことを大切に毎日を過ごしていければと思います。
働くことは、一つの手段であり、自分のやり方や考え方次第で全てが楽しくなります。
常識や文化にとらわれず、皆様がありのままの自分を楽しめるお仕事や環境に出会えますように。